ニュース & メディア

楽々点検ポンプが“国土交通大臣賞”を受賞

2017.7.31
株式会社荏原製作所

楽々点検ポンプ

 荏原製作所(以下:荏原)が開発した水中軸受の点検・交換作業が容易な立軸ポンプ(以下:楽々点検ポンプ)が、第一回インフラメンテナンス大賞※1における国土交通大臣賞(技術開発部門)を受賞しました。
 荏原の楽々点検ポンプは、ポンプの重要なパーツである水中軸受※2の位置を工夫することにより、ポンプ下方から水中軸受の点検・交換作業を容易に実施できるようにしました。
 排水機場などで多く使われている立軸ポンプは、大雨などの有事に備えて何時でも稼働できるようにするため、水中軸受の点検や交換を定期的に行う必要があります。従来の立軸ポンプでは、点検・交換時にポンプを引き上げて分解する必要がありました。本ポンプの導入により、水中軸受の点検・交換に係る作業期間は約1/10に大幅短縮でき、また維持管理費用の低減も可能となりました。
 荏原は、今後もさまざまな技術開発を通して、安全な社会インフラの構築に貢献してまいります。
 今回受賞した楽々点検ポンプは、8月1日より東京ビックサイトで開催される下水道展の会場でご紹介します。

※1 インフラメンテナンス大賞
インフラメンテナンス大賞は、国民へのメンテナンスの理念の普及などを図るため国土交通省が今年より実施している賞で、インフラメンテナンスに係る優れた取り組みや技術開発を表彰する賞です。
※2 水中軸受
軸受とは、ポンプの羽根車を回転させる軸を支える部分のため、ポンプの中でも摩耗が多い部品で、定期的な点検・交換が必要です。

7/24(月)受賞式の様子(右から2番目が国土交通省石井大臣、右から3番目が前田社長)