ニュース & メディア

ドライ真空ポンプ自動化工場を新設

2018.12.26
株式会社荏原製作所

完成予想図

 荏原製作所(以下:荏原)は、精密・電子事業カンパニーの主力製品であるドライ真空ポンプの生産を行う自動化工場V7棟を藤沢事業所内に2019年12月に新設します。

1 . 背景と狙い
 荏原は、中期経営計画E-Plan2019の基本方針に則り、自動化工場を核として生産プロセスと業務プロセスの刷新を図り、製品競争力強化と収益性改善を推進しています。
 IoT やAI の広がりを背景にあらゆるものに半導体が使われるようになり、産業分野の需要が急速に増えるなど、精密・電子事業カンパニーの主要市場である半導体製造装置市場は、拡大傾向にあります。
 半導体製造現場で欠かせないドライ真空ポンプの需要も伸びており、これらの需要に応えるため、自動化工場を新設し生産能力を高めます。
2 . 自動化工場の特長
・IoTを活用した自動化技術により生産状況、稼働状況をリアルタイムで管理し需要変動に合わせた効率的な加工・組立・物流工程を実現
・機械加工から組立・試験までを同一棟内で一貫生産
・多機種混流生産
・事業継続計画(BCP)を考慮した設備仕様
3 . 今後の展開
 今回の自動化工場新設で、お客さまの要求に合致した製品をタイムリーに生産してまいります。新工場稼働後も、自動化を中心とした最新技術導入を継続し、更なる生産性向上に取り組んでまいります。
4 . 計画概要
所在地:神奈川県藤沢市本藤沢4-2-1
施設内容:ドライ真空ポンプ生産工場
建築面積:約18,450平方メートル
着工時期:2019年1月
竣工時期:2019年12月末予定

 荏原グループは、中期経営計画とESG重要課題に取り組むことで、経営方針の達成と企業価値のさらなる向上を図り、持続可能な開発目標(SDGs)に貢献してまいります。

生産活動におけるエネルギー・資源使用量の最小化