ニュース & メディア

インド・バンガロールサービスセンターに新工場を増設

2019.05.07
株式会社荏原製作所

新工場外観

1. 背景と狙い
 バンガロールはインド南部に位置し、重工業からハイテク産業までさまざまな産業の拠点となる南アジア有数の都市です。エリオットは大型コンプレッサや大型蒸気タービンのアフターサービスを強化するため、2015年にサービスセンターを設立しています。今回の新工場増設により中小型蒸気タービンの生産を開始すると共にアフターサービスを拡充し、インドを中心とする東アジアにおけるコンプレッサ・タービン事業を幅広く展開させる、中心拠点としていきます。

2. 概要
 新工場では中小型蒸気タービンの製造、組立、試験を行うことができます。これにより、インド、東アジアを中心とするお客さまのニーズに、より的確に対応することが可能となりました。また、設計、販売、サービス部門やトレーニングセンターなども備え、アフターサービスをより強化させる体制を整えています。

The Bengaluru YR factory
所在地 the Bidadi Industrial Area southwest of Bengaluru, India
敷地面積 約5,000平方メートル
施設内容 設計、生産機器、エリオットYR蒸気タービン用試験設備、
販売、サービス部門、トレーニングセンターなど
稼働開始日 2019年2月

3. 今後の展開
 中小型蒸気タービンは、駆動用や発電用に使用され、石油化学工業のみならず、食品、一般化学分野、バイオマスプラントなど幅広い産業分野で使用されています。
 エネルギー供給システムの多様化やエネルギー需要が拡大する中、エリオットは新規のお客さまへの対応と既存のお客さまへの幅広いサービス、サポート体制を一層充実させてまいります。

 100年以上コンプレッサ・タービン事業を展開するエリオットは、アジア・ヨーロッパ・中東・南北アメリカなどにサービスセンターを有し、世界中の納入先にサービススタッフが駆けつけられる体制を有しています。今後も、皆さまに信頼され、期待され続ける製品を提供するためさらなる品質・サービスの向上に全力で取り組んでまいります。