ニュース & メディア

世界青少年発明工夫展「EBARA Award」表彰式の開催について

2019.11.01
株式会社荏原製作所

表彰式の様子

 荏原製作所(以下:荏原)は、公益社団法人発明協会(以下:発明協会)が参加する世界青少年発明工夫展(以下:IEYI :International Exhibition for Young Inventors)にて、EBARA Awardを新設しました。第15回となる今回はインドネシアのジャカルタの西に位置するタンゲラン市にあるIndonesia Convention Exhibitionで10月23日~25日に開催され、アジアを中心とする11ヵ国 2から140作品257名の児童生徒が集まりました。日本からは14名の児童生徒が派遣され、自身の発明作品を出展、紹介しました。

1. 背景と狙い
 IEYIは「世界各国の青少年が創作した発明作品の展示・コンテスト等を通じて創造性と国際感覚を養う」ことを目的に2004年から開催されています。日本からは発明協会が国内で主催する展示会やコンテスト※3で優秀な成績を収めた児童生徒が参加しています。荏原はその取り組みに賛同し、今回よりEBARA Awardを設け、さらなる高みを目指し挑戦し続ける子供たちを継続して応援してまいります。

2. 表彰概要
タイトル: THE MLH(Magnetic Levitated House) AS A SOLUTION TO OVERCOME EARTHQUAKE
(日本語訳:地震に負けない磁力で浮遊する家)
受賞者 : Mohammad Arga Rhazes Ramadhan(国名:Indonesia)
受賞理由: ・地震の多い自国の被害を減らすべく考案した点。
      ・建屋の構造材に竹を使ったり制震材に永久磁石やバネを使ったユニークなアイデア。
      ・説明が論理的。

3. 今後の展開
 IEYIは、参加9ヵ国(当時)の賛同のもと第1回が日本で開催され、以降、各国で実施されています。次回は、2020年にロシア/タタルスタン共和国カザン市で開催予定です。荏原は、水と空気と環境の分野に貢献する事業を創業以来100年以上継続してまいりました。年齢を問わず、社会をより良くする発明や開発やチャレンジする気持ちは、荏原のDNAに通じるマインドといえます。荏原は、今後もポンプをはじめとする製品・サービスを提供するだけでなく、次世代を担う未来の技術者への支援を続けます。

※1:IEYIについて https://ieyi.lipi.go.id/
※2:日本、中国、インドネシア、マカオ、マレーシア、フィリピン、ロシア、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム
※3:発明協会について http://koueki.jiii.or.jp/index.html
・全日本学生児童発明くふう展
http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/gakusei/gakusei_yoko.html
・未来の科学の夢絵画展
http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/kaiga/kaiga_yoko.html
・全国少年少女チャレンジ創造コンテスト
http://kids.jiii.or.jp/modules/pico/index.php?content_id=312