ニュース & メディア

国連WFPのコロナ対策支援に寄付しました

2021年3月15日

荏原製作所(以下、荏原)では、世界中が新型コロナウイルスの脅威にさらされている中、その対策に貢献したいという思いから、国連WFP(※1)の緊急対応への支援を実施しました。

1.背景
 荏原では長期ビジョンE-Vision2030の中で「高度な ESG 経営の実践」を掲げ、人道支援等に資する活動を行うことを通じて社会に貢献していくことを重視しています。
荏原は2008年より評議会員として国連WFPに加入していますが、今回、国連WFPの新型コロナウイルスへの緊急対応に賛同し、さまざまなイベント等で余剰となったプリペイドカード(※2)を寄付しました。

2.概要
 支援策を検討する中で、社内で保管している余剰品がコロナ対策に役立つのではないかとの考えに至り、国連WFP協会に相談することで、今回の寄付に結び付きました。

寄付先 :特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会
寄付使途:新型コロナウイルスに対して最も脆弱な人々を救うために食料を届ける
金 額 : 額面143,000円分(プリペイドカード286枚)

荏原グループは、長期ビジョンと中期経営計画に基づいてESG重要課題に取り組むことで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指し、企業価値のさらなる向上を図っていきます。

※1 WFP:国際連合世界食糧計画
※2 プリペイドカード:未使用QUOカード、未使用テレホンカードなど