TECHNOLOGY 終わりのない、技術への挑戦。 ≫風水力機械カンパニー

水、空気、環境、半導体製造の分野で、次の技術を開発し、豊かな明日に貢献する。

社会、産業、暮らしを高度な技術と最良のサービスで支え、常に技術の進化に挑戦している、荏原グループ。
より快適で豊かな暮らしの創造に貢献していきます。

風水力機械カンパニー

日常の当たり前を、明日へ確かにつなげていく、挑戦。

超高層ビルの最上階でも、砂漠の真ん中でも、
蛇口をひねると、必ず水が出てきます。
猛暑の夏でも、大寒波が襲う冬の日でも、
空港や駅、ショッピングモールでは
1年365日、快適に過ごせることを知っています。
「ものづくり」を通じ、水や空気に関わる
社会のインフラやライフラインで、
いまの安心や快適、便利を支えています。
未来につながる毎日の当たり前を
継続させる社会的使命に
荏原は、真摯に挑戦し続けています。

水の画像

環境事業カンパニー

エネルギー問題のソリューションを開発し、実現していく、挑戦。

実は、いまのごみ焼却施設、ごみ処理を行う熱で、
発電も行っています。名付けて、「ごみ発電」。
ごみ発電電力の地産地消への取り組みとして、
近隣地域の小中学校や庁舎などで使われています。
以前は焼却の対象でしかなかったごみを、
貴重な資源へと変えていった背景には、
荏原の技術がありました。いまや、ごみ焼却施設は、
街を美しくし、電力まで供給できる存在に変わり、
好感度は、急上昇。
ごみ発電の推進と街のイメージアップの貢献にまでも、
荏原は技術力で挑戦し続けていきます。

ゴミの画像

精密・電子事業カンパニー

より豊かな暮らしの創造を超微細な単位で支えていく、挑戦。

いま、手にしているスマホにも、
「荏原の精密・電子技術」が息吹いています。
スマホの中にある半導体や液晶パネルの製造では、
クリーンな真空環境が必要で、
そこには、「荏原のドライ真空ポンプ」が。
さらに、半導体のウェーハ(基板)表面の凹凸を
ナノの単位で平坦化していく工程には、
「荏原のCMP装置」がそれぞれに活躍しています。
暮らしをより便利に、快適にする
IoTやAI、自動運転技術などの発展を支えるため、
荏原は次の時代の技術開発に挑戦しています。

スマホの画像