photo

事業戦略

「事業の競争力を高める革新」

世界規模で事業を展開し成長し続けるために、これまでに築き上げた事業資源の自律的成長に加えて、製品競争力を向上させるための生産設備投資、新製品開発、既存製品の改善のための投資を継続的に行い、成長戦略を加速していきます。

風水力事業

photo

ポンプ事業・標準ポンプ事業

標準ポンプ事業は、グローバル市場において、市況変動が小さい事業であることから、ポンプ事業の収益のベースと位置づける。国内事業の構造改革により収益性を改善したうえで、グローバル市場での成長を図ることを目標とし、基本方針を以下とする。

  1. 既存機種の統廃合を進め、管理コストの削減を進めるとともに、製品リードタイムの短縮と製造原価低減を推進
  2. 従来の生産体制を抜本的に見直します。IoT、AI、ロボティクスを活用し、自動生産ラインを構築し、製品リードタイム短縮と製造原価低減を実現することにより、製品競争力を強化
  3. 生産・販売の業務システムを刷新し、業務の効率化を推進
  4. グローバルに販売を進める新製品と地域固有のニーズを反映した新製品を継続的に投入
photo

カスタムポンプ事業

カスタムポンプ事業は、石油・ガス向け市場を中心に市況変動の影響を受ける事業であるため、市況の底においても収益が計上できるよう、国内生産体制の構造改革を実施。さらに、国内外のS&S事業の拡大及び国内公共向け製品事業を拡大することによって、収益性改善を図ることを目標とし、基本方針を以下とする。

  1. 国内の生産体制を見直し、現在の市況が継続した場合でも安定した利益が計上でき、且つ市場が回復した場合には、生産増加に対応できる弾力性を持った生産体制へと改革
  2. 生産システムを刷新し、製品の標準化を進めることにより、製品リードタイムの短縮と製造原価の低減を図る
  3. 海外 S&S事業を拡大するため、より顧客に近い現地での営業・技術サポート体制を拡充
photo

コンプレッサ・タービン事業

2020年代前半に石油・ガス市場向けコンプレッサ市場においてトップ3のポジションを確立するとともに、ダウンストリーム市場No.1のポジションを維持することを目標とするが、本中計期間においては、原油価格の低迷が続く現況においても一定規模以上の収益が計上できるよう、製品事業の収益性改善とS&S事業の拡大を目標として、基本方針を以下とする。

  1. 既存市場における競争力確保・強化に加え、M&Aや自社開発による新規セグメント・市場へ参入
  2. 製品事業、S&S事業の収益性を徹底的に改善
  3. 国際競争に勝ち抜くため、グローバル経営統合を深化
photo

冷熱事業

中国事業においては、シェア拡大を図ること、日本事業においては、高収益体質に転換することを目標とし、基本方針を以下とする。

  1. 中国市場においては、ターボ冷凍機及び冷却塔を最重要機種とし、競争力のある製品を開発し拡販
  2. 日本市場においては、冷凍機のS&S事業を確実に維持しつつ、成長が望める冷却塔のS&S事業を拡大
  3. 日本・中国以外の海外事業拡大に向け、拠点整備と生産・販売・サービス体制を早急に構築

環境プラント事業

photo

公共事業体を主要顧客とした国内O&M事業(公共インフラサービス)を中心に、引き続き安定した成長と収益の向上を目標とし、基本方針を以下とする。

  1. 事業運営・損益管理の深化・進化と成熟を図る
  2. 国内顧客基盤の強化と国内O&M事業における地位確保を図る
  3. 新電力事業の持続的成長を図るとともに、バイオマス発電設備市場を積極的に事業へ取り込む

精密・電子事業

photo

2020年代前半に、E-Plan2019 期間の平均を超える営業利益率を確保したうえで、第3の柱となる新事業・新製品を創出し、半導体製造技術が転換点を迎える2020年以降の持続可能な成長に向けた事業基盤を構築することを目指し、基本方針を以下とする。

  1. 自動化推進により生産効率と業務効率を改善し、製品リードタイムの短縮とコストダウンを実現することによって、製品競争力を強化
  2. 第3の柱となるめっき装置を核とした装置群の売上を、パッケージング工程を中心に拡大
  3. オープンイノベーション方針を活用し、新たな半導体製造技術への需要を探索し、事業化を目標とした開発を行う
  4. 既存事業の拡大と安定化を図るとともに、各事業のグローバル戦略を強化