ポンプ事業

省エネ提案

 ポンプのトップメーカとして、永年にわたる実績と経験によって、ポンプの選定、保守管理から省エネ化まで豊富なノウハウを蓄えています。これらのノウハウに基づき、お客様のポンプに最適な省エネルギー対策をご提案します。

省エネ化のポイント

 ポンプ設備は、稼働状況を把握し、必要な条件に見合う設備に改修することで、大幅な省エネルギーが可能です。

循環ポンプ

 冷却水などを循環する用途のポンプのエネルギーは大部分が配管系統の抵抗で消費されており、性能に余裕がある場合がほとんどです。適正なポンプ能力に調整することで大幅な省エネルギーが可能です。

検討の目安
・モータ出力 11kW以上
・年間稼働時間 3,000時間以上

送水・給水ポンプ

 施設内で使用する水を供給するポンプは、必要な水量が減少した時に、余剰の圧力が生じ効率の悪い運転となっている場合があります。負荷変動に適切に対応することで大幅な省エネルギーが可能です。

検討の目安
・月間送水量 100,000m3 以上

省エネ化のメニュー

1 ポンプ・モータの見直し
・高効率ポンプへの更新
・高効率なトップランナーモータへの更新
・ポンプ性能の適正化改造

2 運転制御方法の見直し
・速度制御装置の導入
・台数制御システムへの更新

3 設備全体の見直し
・冷熱源設備 (熱源システムで省エネ検討)
・工水送水設備

検討の手順

検討依頼

対象ポンプの情報
ポンプ名称、用途、台数、ポンプ仕様、モータ仕様、稼働時間、電力料金単価

現地調査

改修方法の検討
運転状況把握、改修作業の可否、データ採取の可否、配管状況の確認、ポンプ仕様チェック、モータ仕様チェック、バルブ開度調査

データー採取

運転状況の確認
吸込圧力、吐出し圧力、吐出し流量、消費電力、電圧、電流、時系列変化、バルブ操作

提案書

改修効果の提示
運転データ、電力消費量、電力消費の分析、改修方法、省エネ効果、改修費用、費用対効果

改修提案例

改修提案1

サンプル会社:食品工業会社

改修提案1-1:高効率ポンプへの更新
改修提案1-2:ポンプ性能の適正化改造/トップランナーモータへの更新

改修提案2

サンプル会社:薬品会社

改修提案2-1:速度制御装置の導入
改修提案2-2:ポンプ性能の適正化改造/トップランナーモータへの更新/配管サイズの適正化

納入事例

納入事例1

某化学製品製造工場の場合

  • 省エネ化ポイント―速度制御装置の導入

納入事例2

某嗜好品製造工場の場合

  • 省エネ化ポイント―ポンプ性能の適正化改造

納入事例3

某医薬品製造工場の場合

  • 省エネ化ポイント―台数制御システムへの更新